トップ

病院を使うときの情報

新着情報

病院を上手に使うコツ

現在、各地の医療体制は開業医を中心とする医療(第1次医療)と、精密検査や高度医療が行われる病院とが、それぞれが役割と必要な情報を分担して医療を提供する仕組みになっています。患者さんは病気になったら、まずは地域の開業医さんに診察してもらって、さらに精密な検査や治療が必要と医師が認めた場合に「紹介状」を持参して病院の外来で診察を受けることになります。気をつけなければいけないのは開業医の紹介状を持たずに、外来で診察してもらおうとし、余分に料金がかかることです。これは、開業医で充分間に合う病気の患者が、必要以上の施設を利用して外来が混雑したり、医療費の増大を防止するための制度です。病気になったらまず開業医の診察を受けた上で、適切な医療を提供してもらい、医療費を節約しましょう。

花瓶

先に情報を集めてから

現代は情報化社会で、病院の事を調べる為にインターネットの口コミを見たり、ホームページを確認してどんな先生が居るのかなどを見る事が出来ます。それを知識として植えつける事で自分にとって得なのか損なのかを判断します。こう言った時代となった事で、病院側も患者から離れていかれ無い様に工夫をする必要もあります。情報をしっかりと与えている事で安心して診察に来てもらう事でアピールする事も考えとして出てくるでしょうし、腕の良い先生ならばその口コミがかなり広まる事となります。そうなると良い先生の下には、患者が集まってくるといった事になります。